京つう

  アート/芸術  |  中部東海地方

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
junkflorist
junkflorist
相棒・ニャースケ2世と頑張るJUNK FLORIST

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年10月20日

やっぱり、プリザ...



やっぱり、時代を反映してか?手入れカンタン、鑑賞期間が長い。プリザは人気。  


Posted by junkflorist at 10:16Comments(0)FLORIST

2009年10月19日

ハロウィン



日本に実際ハロウィンが定着したのかは、よくわからない。また、その意味を含めて定着したかというとなかなかその域には達していない気がするけれど、とりあえず、「ハロウィン」  


Posted by junkflorist at 16:40Comments(0)FLORIST

2009年10月17日

似る!

俗にペットは飼い主に似るといしう。だんだん要領がよくなってきて、お互い妥協して、先を少しだけ読んで行動している。だから、相手の仕草で次の行動が多少なりともワカル。トラブル?を避ける。だから、予定通りに行動をする。結果同じ行動をしていき、似てくる。

 店に来て約1年。やっぱり似てきた気がする。
残念ながら、体型までも.....!  


Posted by junkflorist at 11:09Comments(0)Christine Nyasuke Santamaria

2009年10月13日

見つめてる...

何か獲物を見つけたのか?欲しいものがあったのか?
イザ!ジャンプの体制...!  


Posted by junkflorist at 12:06Comments(0)Christine Nyasuke Santamaria

2009年10月10日

[銀巴里]のこと





 銀巴里は、日本を代表するシャンソン喫茶だった。今は取り壊されて、石碑があるだけだけれも。高英男氏、美輪明宏氏、金子由香利さんなど、今から30年以上前、そうそうたるメンバーが出演していた。入り口近くに止まり木があり、ステージ近くはイス席。ステージとの間に段差はほとんどなく、ステージから客席に、歌い手が降りてきて、マイクを客に向けて、一緒に歌うこともしばしばだった。

 確か入場料は700円ぐらいで、ワンドリンク付きだったと思う。高校時代、ジャズ⇔シャンソン⇔カンツォーネと愛好して、マセガキがった自分は、随分通いつめたものだ。銀巴里に展開される世界は、妙に大人びていて、学生時代の自分には、艶やかで新鮮に映った。

 何度となく、足を運んだ場所が自然に帰っていくのは、時代の流れとはいえ、一抹の寂しさを感じる。
  


Posted by junkflorist at 15:21Comments(0)雑話

2009年10月09日

ニャースケ近況





ニャースケもやっともうすぐ1才。大きくなりました。元気です。  


Posted by junkflorist at 21:28Comments(0)Christine Nyasuke Santamaria

2009年10月07日

フローラル・フォーム





フローラル・フォーム。通称「オアシス」などとも言われているが、これは、日本での流通が最初で早く、急速に浸透したからである。
フラワー・アレンジメントを制作するときのベースに用いるあのグリーンの塊/吸水性スポンジのことである。現在は、国内でも生産するメーカーはあるものの、ほとんど上位3社で独占している。
フェノール樹脂を原料にしている。この「オアシス」誕生してからまだ、60年ほどしか経過していない。
しかし、このフローラル・フォームの誕生で、生花のデザインと制作の方法が飛躍的に発達したことは、否めない。  


Posted by junkflorist at 22:10Comments(0)雑話

2009年10月06日

アレンジメント



アレンジメントのお客様で、単色ではなく、いろいろと色を混ぜたものを好まれるお客様が増えた気がします。何となく外国風?  


Posted by junkflorist at 17:36Comments(0)彩り

2009年10月05日

モエのこと2





 モエはモルモット。モルモットのり様な小動物は体調を崩したり、食欲不振になると一気に寿命を縮めてしまう。それまでいた代々のモルモットは、大抵体調管理が上手くいかなかった。
 モエは自主防衛というか、自己管理ができる。モルモットなんてと思う人もいるかもしれないが、実はモルモットもかなり表情と個性が豊かな生き物である。言葉も良く理解するし、好き嫌いも主張できる。笑ったり、泣いたりもする、というように見える。もちろん犬やネコのように、ペットという立場が確立している動物に比べて、リアクションが少ないのも事実だけれど、その分、自分たちがよく観察してあげれば、ちゃんと意思の疎通ができる。
 モエは女の子。母性本能というのか、随分モエに救われ、助けられ、癒された。モエは、モルモットとしては高齢。来年はわからない。せめて、今、おいしいご飯を食べて、ストレスのない楽しい毎日を送ってほしいと願っている。自分は思い入れの強い人間だから、余計かもしれないけれども、元店長の自宅で余生を送るようになった今でも、スーパーに行くと、レタスやピーマンの値段を見て、市場に行くと必死で麦や米やアワなどの新鮮な穀類を探してしまう。
 「モエ~!」と呼んで、市場でモエ専用の麦を仕入れてくると、おいしそうに発破を食べていたつぶらな瞳の印象は、大切な思い出。
 感謝の気持ちでいっぱいである。「ありがとう、モエ。長生きしろよ!」  


Posted by junkflorist at 13:21Comments(0)雑話

2009年10月02日

2009年10月01日

ハロウィン

10月になった。10月31日は、[ハロウィン]です。店頭でも、ハロウィングッズや飾カボチャなどがデイスプレイされています。

ところが今年はニャースケが大活躍。カボチャは凸凹があり、よく転がる。ついでに、爪を研ぐのに最適??というわけで、カッコウの遊び道具となっていますが-。  


Posted by junkflorist at 16:33Comments(0)季節の風に乗せて...