京つう

  アート/芸術  |  中部東海地方

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
junkflorist
junkflorist
相棒・ニャースケ2世と頑張るJUNK FLORIST

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年10月25日

ほっとする


Posted by junkflorist at 08:38Comments(0)雑話

2011年10月13日

ビル



名古屋市内も高層ビルの建築ラッシュのような感じ。見ていると楽しいけれど、住むのは大変なんだろうと思う。  


Posted by junkflorist at 07:25Comments(0)雑話

2011年02月21日

変わりゆく街


つい最近まで、雑木林だった土地が、いつのまにか、宅地開発されていた。宅地開発も仕事、とは言え、なんとなく、さびしい気持ちになる。  


Posted by junkflorist at 20:16Comments(0)雑話

2010年12月14日

クリスマス異変?

今年は、クリスマスの飾りやイルミネーションが全体として少ない。そういえば、設置も時間的に遅かったから、きっと世相を反映しているのだろうか?それとも...。

  


Posted by junkflorist at 11:09Comments(0)雑話

2010年11月25日

三島追想

三島由紀夫氏の華麗な文章力を思い起こしていた。若い頃、三島氏は太宰治に「あんたは嫌いた。」と言ったと。太宰治は、その内面に三島氏と同系色の心模様を感じていたのかもしれない。太宰は玉川で入水し、三島氏は市ケ谷の駐屯地で自殺した。

 三島由紀夫氏「金閣寺」と太宰治の「トカトントン」。両作品の共通点にその原型があると思う。三島氏と太宰治。表の裏の裏は表だと思う。

  


Posted by junkflorist at 13:02Comments(0)雑話

2010年11月19日

あちら?

トンネルを抜けると別世界。そんな雰囲気のある竹林の中のジャリ道。

  


Posted by junkflorist at 21:27Comments(0)雑話

2010年11月14日

こだわりの照明



お気に入りの店がある。水道関係の蛇口などを製造・販売している会社。そのショールームは、夜になるとライトアップされてとても綺麗。無機質のものが、生き物のようにさえ見える瞬間。この会社の商品対しての愛情やコダワリを感じて、つい立ち寄ってしまう。
  


Posted by junkflorist at 09:51Comments(0)雑話

2010年09月02日

外壁



懐かしい実家の外壁。すでに、100年近く経過している。懐かしさとともにモダンさを感じる。  


Posted by junkflorist at 07:57Comments(0)雑話

2010年07月01日

風情

配達中に見つけた蔵。新しい、古いは、わからないけれど、それなりの威厳と風情がある。栄のど真ん中、名古屋の中心街でのひとコマ。

蔵とか町屋は、どこにあってもそれなりに惹かれる。魅力ある建物だと思う。

  


Posted by junkflorist at 20:57Comments(0)雑話

2010年04月05日

恐い。

今朝、朝、名古屋市南区で火事があった。火事は自分が出さなくても、他人が出す場合だってある。
これだけ、近所付き合いのない時代、隣に住んでいる人を知らないケースもありえる。少なくても、自分が火種を作らないように、それだけは心がけないと、と感じた1日。

  


Posted by junkflorist at 18:27Comments(0)雑話

2010年04月04日



花についていろいろと驚かされることがある。今日、昨日のイベントのために設置したスタンド花の回収に、日本ガイシアリーナまで出向いた。昨日は、ばたばたの中で気がつかなかったこと。道の両側に植えられた可憐な花。回収は、設置よりも多少余裕あるから、気がついたのかも知れないけれど。しばし、見とれる。  


Posted by junkflorist at 21:00Comments(0)雑話

2010年04月02日

定番商品



赤い花束に思うこと。人那珂市前は、男性が女性に贈る花は、花束で、赤バラとカスミソウというのが定番パターンだったと思う。その次に、せいぜい、可愛らしくとピンク系のバラを用いたものが多かった。

最近は、情報も多様化して、また、好みも花の種類も情報量も増えて、いろいろな品種も出来た。そんなこともあって、いろいろな組み合わせの花が可能となった。

車のセダンのように、変わらず続く定番、スタンダード。赤い花束を見ると、そう思う。
  


Posted by junkflorist at 22:04Comments(0)雑話

2010年03月14日

気象台



名古屋の気象台は、名古屋市千種区の閑静な住宅地の真ん中にある。めちゃくちゃ高い場所にあるのかと思いきや、小高い丘の上に建ってる。

こんな場所に行くことなどめったに無いけれど、沢山の機器が取り付けられて、いかにも気象台。天気の予想は、とても大変だとおもうけれど、どちらかというと、アナログチックな建物でびっくりした。  


Posted by junkflorist at 20:57Comments(0)雑話

2010年03月07日

竜馬





公共放送にのブームに乗ってか、否かは別にして、最近は竜馬ブーム。焼酎のコーナーも、こんな感じ。
  


Posted by junkflorist at 14:20Comments(0)雑話

2010年02月01日

煙突のある風景



配達の途中で、いろいろな風景に出会うのも楽しみの一つです。そんな中、名古屋市内某所・煙突のある風景を見つけた。

煙突のある風景、それは醸造所。名古屋市内・それもかなりの住宅地にあるこの風景には、懐かしさを感じる。昔は、煙突のある風景は当たり前だったけれども、一つ、また一つとなくなって、めっきり煙突に出会わなくなった。こんな突然の出会いは結構感動的である。
  


Posted by junkflorist at 13:14Comments(0)雑話

2009年12月31日

配達。



配達で、大規模団地に。ロの字の型の団地。風の強い1日だった。  


Posted by junkflorist at 19:24Comments(0)雑話

2009年12月19日

空の色



毎日のように配達に出る。そして、当然のことながら、同じような道、同じようなルートで走る。見慣れている空なのに、なぜか今日は、何となく違う。そんな空の色に気がつくことがある。それが、どんな気象条件なのかは、わからないけれど、それなりに気になる。明日も良い1日でありますように、と。  


Posted by junkflorist at 21:55Comments(0)雑話

2009年11月18日

2009年11月09日

配達中に...

 配達の途中、有松の旧街道沿いに古いタイプのポストを発見。 

 不思議なもので、懐かしさとともに、過去の思い出もフィード・バックする。しばし、近くで休憩。「絵になる。」と感心。時代の流れの速い昨今、静かに、ゆっくりと時間が流れていく風景に身を任せるのも心の洗濯になると実感した一日でした。
  


Posted by junkflorist at 09:37Comments(0)雑話

2009年10月10日

[銀巴里]のこと





 銀巴里は、日本を代表するシャンソン喫茶だった。今は取り壊されて、石碑があるだけだけれも。高英男氏、美輪明宏氏、金子由香利さんなど、今から30年以上前、そうそうたるメンバーが出演していた。入り口近くに止まり木があり、ステージ近くはイス席。ステージとの間に段差はほとんどなく、ステージから客席に、歌い手が降りてきて、マイクを客に向けて、一緒に歌うこともしばしばだった。

 確か入場料は700円ぐらいで、ワンドリンク付きだったと思う。高校時代、ジャズ⇔シャンソン⇔カンツォーネと愛好して、マセガキがった自分は、随分通いつめたものだ。銀巴里に展開される世界は、妙に大人びていて、学生時代の自分には、艶やかで新鮮に映った。

 何度となく、足を運んだ場所が自然に帰っていくのは、時代の流れとはいえ、一抹の寂しさを感じる。
  


Posted by junkflorist at 15:21Comments(0)雑話